楽しい毎日

毎日の楽しい情報や気になるニュースをご紹介します

*

女性の憧れ!ジューンブライドとは?由来からみる世界の花嫁事情

   

file0001485222283

ジューンブライドとは、「6月の花嫁」のことですね。
6月に結婚式を挙げると幸せになれると言われており、6月に結婚することを夢見る人も多いと思います。

でもよく考えてみると、12か月ある中でなぜこの6月なんでしょうか?

ということで、「ジューンブライド」とは何なのか、由来や理由を調査してみると、そこには世界の花嫁事情が隠されていました。

ジューンブライドとはどんなものなのか、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

ジューンブライドとは?

14218357197l8cg

ジューンブライドとは、6月に結婚式を挙げる花嫁のことですね。
元々はヨーロッパの言い伝えとして広まったものです。

 

・ジューンブライドの由来
「June」(6月)は、ローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から来ています。
実はこのユノさん、結婚生活を守護する女神様なんだそうです。
このことから、幸せな結婚生活を守ってくれる女神の月である6月に結婚すると、花嫁は幸せになれると言い伝えられてきました。
幸せな結婚生活を見守ってくれる女神様がいると思うとなんだか心強いですね。
6月に結婚することで、ヨーロッパの花嫁の心の支えになってきたようです。

由来は、これ以外にも説があります。

・結婚解禁の6月に結婚式を挙げる人が集中した

その昔、ヨーロッパでは、3月~5月の間は結婚を禁止されていました。
なぜかというと、この期間は農作業の一番忙しい時だからです。
こうしたことから、結婚禁止が解ける6月に結婚式を挙げる人が増えたと言われています。

日本ではこういった制度はないので想像することしかできませんが、毎年この時期になるとあちこちで結婚する人がいると、6月はとても幸せな雰囲気に包まれていそうですね。
私は、ひと月に二組結婚する人がいるだけでも幸せな気分になります。

・天気がいいから

ヨーロッパの6月は、雨が一番少ない月なんだそうです。
結婚式をやるなら、天気のいい日にするのが良いですよね。
こうしたことから、ヨーロッパでは6月に結婚式を挙げる人が多かったそうです。

なるほど、日本とは違い、あちらは晴れの日が多いんですね。

スポンサーリンク

ジューンブライドが日本に伝わった意外な理由

14173514986w95o
ジューンブライドはヨーロッパからきた言葉で、ヨーロッパの気候にもぴったりだということがわかりました。
しかし、日本の6月は梅雨まっただ中。
ヨーロッパとは真逆の天気ですよね。

それなのになぜ日本でもこの言葉が伝わってきたのでしょうか。

これは、ブライダル業界の作戦だったようです。
6月の雨のよく降るこの時期は、日本では結婚式を挙げる人がとても少なかったそうです。
そこで、この「ジューンブライド」を取り入れて、「6月に結婚式を挙げると幸せになれますよ」と宣伝したことから伝わったんだそうです。

このことが今では日本中に浸透し、日本でも6月に結婚式を挙げる人が増えてきたということです。

雨の日の結婚式も縁起がいい

1417986496glc19

でも、天気を変えることはできません。

日本は昔からずっと、6月には雨が多い月です。なんだかジトジトするしテンションも下がりますよね。

そこで、雨の日の結婚式を幸せに過ごす言葉をご紹介します。

 

フランスでは、「Mariage pluvieux mariage heureux」(雨の日の結婚式は幸運をもたらす)という言い伝えがあるそうです。
結婚式に雨が降ると、幸せの天使が舞い降りてくれるんだそうです。

とっても素敵ですね!

その他、中国では、「雨龍(あまりょう・あめりゅう)は縁起が良い」という言葉があり、これも、結婚式で雨が降ると神に祝福されるとして喜ばれていたそうです。

雨が降ると、気が重くなり折角の結婚式が台無しになりそうですが、雨は、世界中の花嫁に幸せをもたらしてくれる大切な贈り物です。

最後に

「ジューンブライド」とは、元々はヨーロッパの言い伝えだったんですね。
結婚生活を守ってくれる女神様に見守られていると思うと、とても縁起が良さそうです。
残念ながらヨーロッパの気候とは違い、6月は雨が多いですが、結婚式に降る雨も縁起がいいと言われていることから、6月の花嫁は幸せになれること間違いなしですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 - 季節のこと, 雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  関連記事

file6641264439802
あじさいの種類別花言葉をご紹介!結婚式に使っても大丈夫?

  梅雨のシトシト雨の中咲き誇る「紫陽花(あじさい)」ってとても綺麗で …

file00031963416
ミサンガの意味は色によって違う!紫、黒色の意味を知って上手に願掛けしよう♪

お願い事やお守りとして手首、足首に付けるミサンガ。 カラフルで馴染みやすい刺繍糸 …

file0001881706467
前髪くせ毛の直し方!女性らしいアレンジ方法をご紹介

毎朝のセットで苦労しがちな前髪。 くせ毛の場合は、特に時間がかかってしまいます。 …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バレンタインデーの由来!日本でチョコを渡すようになったきっかけは?

毎年2月のお楽しみイベント、バレンタインデー。 恋する乙女にとってこの日は決戦の …

magnolias-547285-m
白木蓮の花言葉や見頃の時期は?こぶしとの見分け方ご紹介します

    春になると、色んな花が一気に咲きだして、公園や庭の様 …

file0002130218152
にんにくの臭い消しで効果的な方法は?翌日臭いの残らないとっておきの裏技

にんにくが大好物な人は多いのではないでしょうか? 焼肉やイタリアン、キムチなどな …

1390739938rd1sx
美味しいインスタントコーヒーの入れ方と保存法について

  美味しいコーヒーが今すぐ飲みたい! でも、ドリップするのめんどくさ …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
雷に音がするのはなぜ?雷と稲光の違いは何なの?

「ピカッ」と光ったかと思えば、「ゴロゴロゴロゴロ・・・・」という音が轟くこの季節 …

file6901257434368
ミニマリストの服は何着が理想?女性の着回しはどうすればいいのか

断捨離という言葉のあとに出てきた「ミニマリスト」。 ミニマリストは「ミニマルライ …

a0006_002382
炊飯器の保温機能の電気代いくらくらい?電子レンジやおひつを使った保管法

これまでお弁当を持って行くことがなく、ごはんを炊く機会があまりなかった我が家。( …