楽しい毎日

毎日の楽しい情報や気になるニュースをご紹介します

*

瞑想のやり方!簡単に長続きさせるコツとは?

      2016/07/13

1455267466sbi06

心を安定させたい方、日頃仕事などでストレスが溜まっている方におすすめの瞑想。

瞑想をすると心が鎮まる・リラックスできる・仕事がはかどるなどの効果が期待できるとされて、大手企業等でも取り入れられるほど注目されていますね。

でも瞑想をしたことがない方にとっては、瞑想って難しそう・コツがわからない・長続きしなさそう・・・と、ハードルが高いように感じます。

どうにかして簡単に続けられることはできないものでしょうか?

今日は瞑想のやり方と、簡単に長続きさせるコツをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

瞑想の基本的なやり方

file0001926075737

瞑想は様々なやり方があります。どのやり方がいいというのは個人差があり、それぞれに違うと思いますが、極力簡単に、初心者でも難なくできる瞑想の基本的な行い方をご説明していきたいと思います。

まずは簡単な手順から。

  1. 締め付けないリラックスできる服装になります。ネックレスや腕時計などもできるだけ外すようにしましょう。
  2. テレビや騒音などの音が出来るだけ入らない静かな場所で座ります。
  3. あぐらをかき、背筋をスッと伸ばします。
  4. 両手は両膝の上に軽く乗せ、手のひらを上にして、人差し指と親指で輪っかを作ります。
  5. 肩の力を抜き、静かに目を閉じます。
  6. 深呼吸を繰り返して呼吸に意識を集中させます。
  7. そのままの状態で5分~30分ほど続けます。
  8. 時間が経ったらゆっくり目を空けて完了です!

時間は幅がかなりありますが、最初のうちは5分間から初めて、慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしていくようにするとやりやすいです。

一番重要なポイントは、6の呼吸に意識を集中させること。

これが重要で、一番難しいところです。

呼吸に意識を集中させるとは、呼吸の吸う、吐くといったことを意識的に行うことです。

基本は腹式呼吸

鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、鼻から息を吐き出してお腹をぺっちゃんこにへこませます。

 この呼吸を「吸う:3秒、吐く:7秒」の10秒1セットを繰り返し行います。

慣れてきたら吐く秒数をもっと増やしていってもOKです。


スポンサーリンク

簡単に長続きさせるコツとは?

Candle Flame

基本の瞑想法を見ていきましたが、実際やるとなると中々続かないものです。

そこで、瞑想を習慣化し、日常の生活に無理なく取り入れるコツを見ていきたいと思います。

時間を決める

瞑想はいつどこでやっても構いません。身一つでできるので、やろうと思えばすぐにできるのがいいですよね。瞑想を習慣化させるには、毎日のルーティーンに組み込むことが大事です。毎日決まった時間に瞑想の時間を作りましょう。

ちなみに私の場合は毎朝起きたらすぐにベッドの上に座り目を閉じるようにしています。こうすれば忘れることもなく続けることが可能です。

座り方は自由に!

 基本はあぐらですが、自分が楽な座り方をするのが一番!

椅子に腰かけてもいいですし、座布団やタオルをお尻に敷いて行ってもいいですし、正座でも構いません。

「このやり方じゃなきゃ!」と意気込んでしまうと続かなくなってしまいますので、一番座りやすいやり方でやってみてください。

雑念を流していく

瞑想を行っていると、段々と雑念(考え事、悩みなど)がどんどん出てくると思います。

例えば「洗濯物入れなきゃ」とか、「明日の会議、何話そう・・・」とか。そういった雑念が出てきたら、そこに入り込まないで流していくようにします。

そんな風に考えているところから自分を客観的に見るようにし、フッっと横へ流すようなイメージをしてみて下さい。それが慣れてきたら、段々と雑念が出てこなくなってくるようになります。

最初は難しく感じるかもしれませんが、少しずつ少しずつ行ってみて下さい。

段々と瞑想に入りやすくなり楽にできるようになるはずです。

まとめ

瞑想の基本的な行い方、長続きさせるコツをお伝えしました。

最近疲れが溜まってきているな~という方、考え事が多すぎるという方に瞑想はぴったりです。

ぜひトライしてみて下さいね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 - 美容・健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  関連記事

1399856977ezskj
顔のたるみ解消法!頭皮マッサージで若返るコツ!

年々気になってくる顔のたるみ。 放っておくとそのまま段々と垂れ下がってより一層老 …

file8261316584437
ドライいちじく食べ過ぎには注意?効能や効果をご紹介します

美味しい新鮮なフルーツもみずみずしくてとても美味しいですが、ドライフルーツは、ギ …

image
休日の寝溜めは逆効果!ストレス解消になる寝方とは?

日頃の疲れやストレスを取ろうと、休日になると寝溜めをすることはありませんか? 私 …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
足の冷えの原因!冷えやむくみに効くツボをご紹介

足首や足先が冷たくて痛いほどになる足の冷え。 夏場でもエアコンの中にいると辛いで …

SANYO DIGITAL CAMERA
耳鳴りの原因はストレスかも?「ピー」「ボー」と音がする場合

身体の調子が良くないときに起こりがちな耳鳴り。 「ピー」という高音がしたり、「ボ …

selfportrait-1-480257-m
化粧水の見直し!7つの種類と選び方、自分の肌質は?

  毎日の洗顔後に欠かせないものといえば、化粧水ですね。 あまりにも習 …

file191234810964
部屋の乾燥を防ぐ方法!風邪や肌、髪の乾燥予防を要チェック

空気の乾燥しやすい季節、部屋の中の乾燥も気になりますね。 部屋の中が乾燥した状態 …

file0001980727016
女性に嬉しい豆乳の効果5つ!夜寝る前に飲むといい理由は?

  栄養満点でヘルシーな豆乳は、健康・美容の為の飲み物としてすっかり定 …

13745916815tg3t
大人気!ココナッツオイルの効能と副作用ってどんなもの?

  ここのところ何かと話題になっている、ココナッツオイル。 ココナッツ …

file6481249191029
汗をかくメリットとデメリット!良い汗・悪い汗とは?

汗をかくことにどんなイメージがありますか? 汗をたくさんかく人にとってはなんとか …