夏に扇風機の向きを工夫してエアコンなしで乗り切る方法!

なんだか年々夏が暑くなってきているような気がしています。。

こんなに暑いと何にもやる気が起きませんね。はい、夏バテです。

しかしそんな現状とは裏腹に、この夏エアコンがない部屋で過ごすことになりそうなのです。

エアコンを買うお金がない管理人は、なんとしても扇風機で生き抜かなければなりません。

血眼で夏に扇風機の向きを工夫してエアコンなしで乗り切る方法を調べてみました。

エアコンなしで夏を超えることが果たしてできるのでしょうか?

夏本番!扇風機の向きはどうするのがベスト?

file0002066306353

扇風機を使う時、普通の使い方といえば部屋の隅から部屋の中に向かって置きますよね。

でもこの方法だと、あまりにも部屋の温度が高い時は全く効果がなく、熱風が届いてより不快になることがあります。

ではどうするのがベストなのでしょうか?

このとき外の気温の方が低くて部屋の中の気温が高い場合は、窓を開けた状態で、扇風機を窓に向かって設置すると涼しい風が入ってくるようになります。

こうすることで、中の空気を外に流し代わりに外の涼しい空気を取り入れてくれるようになるのです。

窓に向かって扇風機を置くなんて考え付きませんでした。 一見逆効果なような気がしますが、これだけでも全然違うようです。

エアコンなしで乗り切る方法

1377205935tofc8

扇風機以外で暑~い夏をできるだけエアコンなしで乗り切る方法をまとめてみました!

  • すだれを付けて強い日差しカット
  • 窓辺に緑のカーテンを作って日除けに
  • い草マットを敷いて足元ひんやり
  • 寝る時が肝心!氷枕で寝る・氷嚢を脇に挟んで寝る
  • 冷蔵庫や冷凍庫で冷やしたぬれタオルで体をコマメに拭く

このように色々な方法があり、難易度の高いものもありますが、すぐできそうなものもいくつかあります。

氷枕は我が家では小さいころからの定番です。熱帯夜の夜には欠かせませんね。

また、蒸し暑い夜はシャワーだけでさっぱりした方が良さそうな気がしますが、ぬるま湯(35度前後)の湯船に浸かることで緩やかに体温が下がり寝つきが良くなります。

暑いからといって冷たい水を使うと体の熱が逃げにくくなって逆効果ですので要注意です。

まとめ

 扇風機の向きやその他工夫次第で、意外とエアコンなしでもやっていけそうな気がしてきました。

電気代もバカになりませんし、節電の為にもぜひ試してみて下さい。

そうは言っても無理は禁物です。身の危険を感じたらすぐに対処しましょう。(助けを呼ぶ・図書館やスーパーへ逃げ込むなど)

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!