2015年の梅雨明け予想!今年はどうなる?

 

梅雨の時期、ジトジトと毎日のように雨が続くと待ち遠しくなるが、「梅雨明け」ですね。

私が梅雨の時期に一番困るのが、洗濯物。

いつまでも外に出せないので臭いがちょっと気になってきたり。

早くあのカラッと晴れたお天道様の下で思いっきり干したい~!!と、叫びたくなります。

そこで今回は、梅雨の仕組みと2015年の梅雨明けがいつごろになるのか調査してみました。

良かったら参考にしてみて下さいね。

梅雨のしくみって?

job_otenki_oneesan
なぜ日本では、梅雨という雨の多い時期があるんでしょうか?

これは、この時期に発生する停滞前線が影響しています。

日本の上空では、南からの暖気と、北からの寒気がぶつかります。

そうすると、上昇気流が起こり雲が発生。この雲が雨を降らせます。

そのあと、夏に向かうにつれて、太平洋高気圧の勢力が強くなり、前線が移動します。
こうして前線がなくなると、梅雨が明け、本格的な夏へ突入するという流れになるんですね。

今までの梅雨開けの時期

a0070_000111

各地の過去の平均時期をまとめてみました。

地域 梅雨明け平均
沖縄 6月23日頃
九州南部 7月14日頃
九州北部(山口県含) 7月19日頃
四国 7月18日頃
中国 7月21日頃
近畿 7月21日頃
東海 7月21日頃
関東甲信 7月21日頃
北陸 7月24日頃
東北南部 7月25日頃
東北北部 7月28日頃

参照:気象庁
沖縄ではやはり一足早く夏がやってきます。
私の住む内陸部では、海の日を境に梅雨が明けるイメージが強いですね。

 

2015年の梅雨明け予想

a1380_001273

 

それでは、2015年の梅雨明けはいつごろになるんでしょうか。

2014年は、西日本では平年より2、3日遅く、東日本では平年通りか、少し早い梅雨明けになりました。

このことから、2015年の梅雨明け時期としては、平年並みと予想します。

夏休みに入るころ、太陽も見え出すのではないでしょうか。

梅雨の終わり頃は、大雨が降りやすくなります。

大雨により、河川の洪水・土砂災害の危険性が高くなりますので、この時期の注意報や警報には十分注意しましょう。

これらは、ひとつの目安として参考にしてみて下さい。

天気はとても変わりやすいものです。

梅雨入りになるとまた変わっきますので、日頃の天気を確認してみて下さい。

 

最後に

 

梅雨が明けると、ガラッと空気が変わり、夏に突入しますね。
梅雨は一つの節目となり、過ぎてみると懐かしさも感じたりします。
梅雨独特の雰囲気や、梅雨どきならではの楽しみを見つけるのもおもしろそうですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク