揚げ物の美味しい温め直し方!レンジやトースターではどうする?

前日の揚げものの残りや、スーパーのお惣菜の揚げものを食べる時、冷めてしまっていてあまり美味しくないですよね。

でも電子レンジやトースターなどで温めてみてもあまり美味しく仕上がらず。

揚げたてじゃないから仕方ないと諦めていませんか?

レンジやトースターでもちょっとしたコツで美味しくなるんです。

今回は、揚げ物の美味しい温め直し方をご紹介したいと思います。

レンジやトースターの場合のポイントをチェックしてみてください!

揚げ物の美味しい温め直し方!レンジの場合

92069DE0-0A92-47EE-BC00-ABE9BE5E5C42

電子レンジで温め直すときのコツは二つ。

  • ラップをしない
  • キッチンペーパーを敷く

です。

電子レンジで食べ物を温める場合、ラップをかけることが多いと思いますが、揚げ物の場合はラップは厳禁です。

ラップをかけると、ベチャッとなってしまってせっかくの揚げ物が台無しに。

ラップを乗せずに温めましょう。

おすすめの温め直し方は、耐熱皿にキッチンペーパーを敷き、その上に揚げ物を置いてレンジにかけます。

600wの場合は50秒ほどで温まります。

 

キッチンペーパーは厚手のものだと、水分を取ってカラッと仕上がります。

揚げものの美味しい温め直し方!トースターの場合

C0BD5A8D-C202-4D2A-A202-5F0F432F57E9

冷めた揚げ物をトースターで温め直す場合のコツは、

  • レンジで少し温めておく
  • アルミホイルをくしゃっとさせる

ということです。

まず、電子レンジで先に少しだけ温めておくことで、中まで温かくなります。

この時、カリッと温める工夫をする必要はありませんので、キッチンペーパーを敷かなくても大丈夫です。

そして、アルミホイルをクシャッと軽く丸めて、凹凸ができた状態でその上に揚げ物を乗せてトースターで焼きます。

こうすることで焼く時に水分によってベチャッとなりにくくサクサクと仕上がりやすくなります。

焼き時間の目安は片面3分ほど。

裏返してもう3分焼きます。

揚げ物の種類や厚みによって時間は調整してください。

まとめ

冷めた揚げ物って本当に美味しくないのですが、上手に温め直すことができるのは嬉しいですよね。

そんなに難しいコツでもありませんし、これならスーパーのお惣菜に揚げ物を買っても美味しく食べられそうです。

簡単に手軽に温めるならレンジ、サクサクっとした食感をより出したいならトースターがおすすめです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク