バラの花言葉!色によって違う?父の日におすすめの色はコレ!

  • 2015年5月12日
  • 2015年5月12日
  • View

色とりどりの上品な花を咲かせる薔薇。

バラは香りもとても良く、5~6月にかけて、バラ好きの人にとっては楽しみな時期ではないでしょうか。

今回は、バラの花言葉を見ていこうと思います。

色によって違う言葉と、父の日におすすめなバラの色をご紹介します。

バラの花言葉・色別でご紹介

・赤のバラ

 花言葉は、「情熱・愛情・あなたを愛します・美しさの象徴」です。

バラと言えば赤色が一番に思い浮かびますし、人気もトップです。

男性が女性に愛の告白やプロポーズをする際に贈られる場面が想像できますね。

一度は夢見る憧れのシチュエーションです。。。

1423162848epl53

・ピンクのバラ

花言葉は、「しとやかさ・温かい心・感謝・上品」です。

赤の情熱さがない分、上品で優しい印象のピンクのバラ。

幅広く色んな女性へ贈ることが出来ます。

感謝や優しい心ということで、母の日や女性への誕生日プレゼントにもピッタリです。

1386032220mbcny

・黄色のバラ

花言葉は、「友情・献身・可憐・さわやか・ジェラシー・別れ」です。

黄色のバラは好きな女性には贈らない方が良さそうですね。

「別れてくれ」といっているようなものです。

同性の友人や家族に贈ると喜ばれます。

 

13701889129hfla

・白のバラ

花言葉は、「純粋・心からの尊敬・相思相愛・約束を守る」です。

白のイメージにピッタリな花言葉ですね。

結婚式に使われるお花としても人気です。

また、「尊敬」という言葉から、母の日や父の日の贈り物にも良く合います。

135082711373kpb

・紫のバラ

花言葉は、 「上品・気品・誇り・尊敬」です。

こちらもまさに言葉のとおり、上品で崇高なイメージのある紫のバラです。

年配の方に尊敬の意味を込めて「長寿のお祝い」などとして贈ると良いようです。

きれいな紫色にうっとりしますね。

1384657451fpb2m

父の日に贈りたいバラの花

父の日に贈る花として、バラはぴったりです。

母の日にはカーネーション・父の日にはバラと覚えておくと、毎年の贈り物に困ることがありません。

それでは、父の日のバラは何色がいいのでしょうか?

花言葉から考えると、

・白のバラ

・黄色のバラ

・紫のバラ

がおすすめです!

白や紫のバラには、「尊敬」という言葉がありますし、黄色のバラには「献身」という言葉がありますので、家族を守る父親の姿にピッタリです。

これらの色を組み合わせて贈ると、色合いも綺麗ですし、お父さんに喜ばれること間違いなしです。

最後に

色とりどりのバラにそれぞれ素敵な花言葉のあるバラ。

花言葉を知ると益々美しく見えますね。

女性や母の日、父の日の贈り物などにぜひ活用してみて下さい。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク