ドライフラワーの作り方!バラの花も簡単に出来上がるコツとは?

寿命の短い生花ですが、出来るだけ長く楽しむ方法に、ドライフラワーがあります。

しかし、ドライフラワーは難しいイメージがあり、そのまま終わらせてしまう人も多いのではないでしょうか?

ドライフラワーが簡単にできたらうれしいですよね。

ドライフラワーの作り方をマスターしましょう。

今回は、綺麗なバラの花も簡単に出来上がるコツをご紹介します。

ドライフラワーの作り方

1431626668e2ox3

ドライフラワーの作り方はいくつか方法があります。

【自然乾燥】

一番基本的な方法です。

  1. ドライフラワー用のお花の茎部分を輪ゴムや紐でまとめます。
  2. これを、直射日光の当たらない風の良く通る場所へ、花びらを下向きに吊るします。 引っかける時はハンガーやフックを利用しましょう。キッチンなど水場だけは避けて下さい。 また、葉っぱを外しておくと、乾燥しやすくなります。
  3. このまま放置。大体一週間~10日ほどすれば乾燥し、ドライフラワーになります。

場所や花の種類にもよりますので、様子を見ながら乾燥させましょう。

この方法であれば時間はかかりますが、吊るしておくだけでいいのでとても簡単です。

吊るしているだけでもお部屋がオシャレに見えて楽しめますね。

【シリカゲルを使う】

シリカゲルという乾燥剤を使った方法があります。

  1. タッパーなどの容器にシリカゲルを敷き詰めます。
  2. その上に、茎を3cmほど残して切った花を乗せます。複数ある場合は、花同士がくっつかないようにしましょう。
  3. 花の上にまたシリカゲルを入れていきます。花が崩れないように優しく入れます。
  4. 一週間ほど放置したら完成です。 取り出すときも花が崩れないようゆっくり取り出しましょう。

この方法であれば、自然乾燥よりも花の色が残りやすく鮮やかな状態で乾燥されます。

自然乾燥・シリカゲルの方法は、仕上がりに違いがありますので、お好みの方法で使い分けることをおすすめします。

バラのドライフラワーを簡単に作るコツ

1363547777j4i7n

バラをお誕生日や記念日などに貰えると嬉しいですよね。

そんな記念のバラをドライフラワーで大切に飾りましょう。

バラのドライフラワーも基本的な作り方は同じです。それぞれのコツを確認しましょう。

  • 自然乾燥の場合 ・・・自然乾燥の場合は、咲切る前に乾燥させることです。そうすれば花びらが落ちにくく、より綺麗に仕上がります。 また、一本ずつ離して吊るすことで、乾燥が早くなります。
  • シリカゲルを使う場合・・・ こちらの場合も、開花前のバラを使うことできれいに仕上がります。 茎を落とすのでアクセサリーに使用したり、湿気に弱いため密閉した容器に保管しておきましょう。

まとめ

ドライフラワーは、生花とはまた違った魅力があり、一つ飾っておくだけでもお部屋の雰囲気がガラッと変わりますよね。

華やかでみずみずしい生花を楽しんだあとは、ドライフラワーにしてお部屋を彩ると、オシャレな空間に一役買ってくれるはずです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!