フライパンが錆びた!鉄製の正しい手入れ法ご紹介

  • 2016年2月23日
  • 雑学
  • 40View

我が家で最近使い始めた鉄のフライパンに、オレンジ色の錆が出ていました・・・。

鉄製は難しいとは聞いていたものの、ズボラな私は特に手入れなどしないまま使用していたのです。

やはりちゃんとした扱いをしなければいけなかったようです。

今日は、鉄製のフライパンに錆びが出た場合の正しい処置と、普段の手入れ法を調査してまいりました。

鉄製のフライパンはきちんと使えばずっと使い続けられます。そのためのコツを見ていきましょう。

鉄製フライパンの錆びの処置法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鉄製フライパンが錆びていたらショックですよね。買ってから時間が経っていないとなおさら・・・。 でも大丈夫。その錆びは取り除くことができます。

錆びの正しい処置法はこちらの動画を参考にして下さい。

【準備するもの】

  • 錆びのついたフライパン
  • クレンザー
  • 金たわし
  • ふきんやタオル
  • コンロ
  • キッチンペーパー

【やり方】

  1. クレンザーをフライパンにふりかけます
  2. その上から少し水を加え、たわしで円を描くようにクルクルと擦ります
  3. 汚れが取れたら水で洗い流します
  4. フライパンについた水分をふきんやタオルでしっかり拭き取ります
  5. フライパンをコンロの火にかけ、水分を飛ばします。飛んだらすぐ火を消しましょう。
  6. しばらく置いて熱が冷めたら、キッチンペーパーに油を染み込ませたものをフライパン全体に塗っていきます。

以上で完成。錆びが取れない場合は、クレンザーで何度か繰り返し洗ってみて下さい。

鉄製フライパンの正しいお手入れ法

それでは、鉄製フライパンを長く使い続けるためにはどのようなお手入れをしていったらいいのでしょうか?

油返し

この油返しは、調理前に行う方法です。特に使い初めのころは集中して行った方がいいようです。

  1. フライパンを火にかけ熱する。
  2. 多めの油(1カップ弱程度)を入れ、フライパン全体に馴染ませる。
  3. 煙が出てきたら、余分な油は取り出し、いつも通り調理を始める。

ちょっと面倒な気もしますが、鉄のフライパンを長く使い続けるための重要なポイントとなりますので必ず行いましょう。

調理後の片づけ

調理が済んでからの片づけも重要なポイントです。

まず、調理が終わったら冷めないうちにお湯で洗うようにしましょう。この時、洗剤を使わないことが大切です。

洗い終わったら水気を切り、コンロの火にかけて水分を飛ばします。そして冷めたらキッチンペーパーに染み込ませた油を全体に馴染ませて完成です。

まとめ

我が家の鉄のフライパン、これまでまったく逆のことをしてしまっていました。

洗剤でゴシゴシ、水分を拭き取ったりせず放置・・・早速錆びを取って正しいお手入れを実践していこうと思います!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク