「ご教授ください」の意味や使い方!「ご教示ください」とは違うの?

  • 2016年3月30日
  • 2016年5月11日
  • 敬語
  • 13View

「ご教授ください」ということば、ビジネスシーンや学校などでよく聞くと思います。 でも使い慣れていない人にとっては、どうやって使ったらいいんだろう?そもそもどんな意味なの?と疑問だらけですよね。

また、「ご教授ください」とよく似た言葉で「ご教示ください」というものもあります。 ますます(・・?です。。。 ほとんど同じなのに、使い分けないといけないんでしょうか?

今日は、「ご教授ください」の意味や使い方、「ご教示ください」との違いを見ていこうと思います。 これを理解して上司や先生に褒められちゃいましょう!

「ご教授ください」の意味は?

a1640_000200 「ご教授ください」とは、簡単に言うと「教えてください」という意味。 主に学問や美術、音楽などの技術、芸術といった専門知識を教えてもらいたいときに使うことばです。 「教えて下さい」というよりもさらに丁寧で少々堅苦しいイメージとして、目上の方に使う言葉となります。

そのため、言葉に発するものというよりどちらかというとメールや手紙などの文章で使われる機会が多くなります。

確かに、上司や先生に「ご教授ください」とはあまり言わないですよね。 実際に口頭で教えてもらいたいときは「お教えください」というくらいでいいのではないでしょうか。

正しい使い方

sozai_27298 では、「ご教授」の正しい使い方を見ていきましょう。具体的な文例をご紹介します。

  • ピアノをご教授ください
  • 未熟者ですが、ご教示の程よろしくお願い致します
  • ゴルフについて、ご教授願います
  • ご教授いただきまして誠に感謝しております

このように、色々な場面で使うことができるので、上司や先生など目上の方に使うと好印象ですよ。

「ご教示ください」との違い

「教授(きょうじゅ)」は主に学問や芸術などを教えるという意味ですが、「教示(きょうじ)」とは、知識や方法を教えるという意味で使われます。

つまり「教示」の方は、学問などの専門的な知識というより、ちょっとした使い方であったり情報を知りたいときなど比較的すぐわかるものを教えてもらいたいときに使うもののようです。

でもこれはどっち?というようなグレーなものもありますよね。この二つに明確な線引きはありませんので、より丁寧に使いたいときは「ご教授ください」と使うようにするといいと思われます。

まとめ

「ご教授ください」と「ご教示ください」という言葉についてご紹介しました。

う~ん、日本語って難しいですね。この他にも教えてもらいたいときの敬語として、「ご指導ください」や「ご指南ください」といった言葉もありますね。

このような言葉を上手に使い分けることによって、仕事や人間関係がスムーズに進みやすくなりますので、ぜひマスターしてみて下さい。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク