歯ぎしりを治す方法!マウスピースの効果は?

 

最近、寝ても疲れが取れない・頭痛や肩こりがひどい・ストレスが発散できていない・・・という症状はないですか?

もしかしたら、歯ぎしりをしているかもしれません。

でも歯ぎしりって、自分では気が付かないし無意識にしていることは治しようがなさそうですよね。

でもこのまま放っておいたら、益々症状が悪化するばかりです。

そこで、今回は歯ぎしりを治す方法について調べてみました。

歯ぎしりの原因、マウスピースの効果はどうなんでしょうか?

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因は、そのほとんどがストレスだといわれています。

・最近、仕事のことが頭から離れない
・嫌な上司がいる
・恋愛がうまくいかない

など、悩んでいることはないですか?

こうしたストレスを抱えていると、寝ている間にストレスを発散させるために歯ぎしりをすることになります。

睡眠中だから気づかない?歯ぎしりの実態

smiling-series-3-184541-m

歯ぎしりは、睡眠中という無意識の中で行われるものですね。

他人に、「歯ぎしりしてるよ」と言われて初めて、「自分は歯ぎしりしてるんだ!」と気づく方は多いのではないでしょうか。

私も長年歯ぎしりをしていましたが、友人に言われるまでわかりませんでした。

自分では自覚がないからと、そのままにしておくと、色々な問題が出てきます。

・歯がすり減る
・歯周病になる
・顎関節症
・頭痛、肩こり

私は、ほぼ全てに当てはまります。

ずーっと、頭痛、肩こり、歯のすり減り、顎関節症に悩まされてきました。

歯ぎしりぐらいで・・・と思うかもしれませんが、歯ぎしりの力は思っている以上に強く、毎日のように続くことで、身体にこうした悪い影響が出てくるんですね。

すでにこうした症状があるという方は、寝ている間に歯ぎしりをしているかもしれません。

歯ぎしりを治す方法

feel-757337-m

歯ぎしりを治すためには、2つの方法があります。
できれば2つを同時に行うことで、比較的早く歯ぎしりを治すことができると思います。

1.ストレスを溜めない生活を心がける
2.マウスピースをつける

1.ストレスを溜めない生活を心がける

まずは歯ぎしりの原因であるストレスを取り除くことから始めてみましょう。

寝る前にできること
・湯船にしっかり浸かって身体を温める。日頃シャワーだけで済ませる場合、身体の疲れが取れていないことが多いです。
・寝る前にストレッチを行う。頭、首、肩周りを特にほぐしましょう。
・ホットミルクなどリラックスできる飲み物を飲む。
・アロマやキャンドルなどを使ってリラックス効果を高める。

日中にできること
・体をなるべく動かすようにする。運動をすることでストレス発散につながります。
・悩み事があったら、一人で抱え込まず、家族や友達に聞いてもらう。解決にならなくても、話すだけで驚くほどスッキリしますよ。

2.マウスピースをつける

歯医者さんへ相談に行けば、マウスピースを作ってくれます。
健康保険が適用の場合は、大体5,000円程です。

マウスピースをつけることで、歯がすり減ったり、歯周病になることを防ぐことができます。

つけ始めのころは、違和感があるかもしれませんが、慣れるとつけていても平気で眠れるようになりますよ。

最後に

私は以前歯ぎしりをしていた時、朝になると必ず顎が外れていました。
でも顎が外れている原因が歯ぎしりだとは思ってもみなかったんです。まさか歯ぎしりが原因だったとは!というかんじです。
歯ぎしりがわかってからは、ストレスと上手に付き合うようにしながら、同時にマウスピースを着けることで、時間はかかりましたが顎が外れることはなくなりました。

歯ぎしりで悩んでいる方は、良かったら参考にしてみて下さいね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク