白木蓮の花言葉や見頃の時期は?こぶしとの見分け方ご紹介します

 

 

春になると、色んな花が一気に咲きだして、公園や庭の様子が華やかになりますよね。
においもとっても良く、桜を初め、春になるとお花見に出かける人も多いのではないでしょうか。

今回紹介する白木蓮は、そんな春の訪れを告げるお花のひとつです。

育てやすいので、庭に植えている方も多いと思います。
家の近所にも時期になると、真っ白で可憐な花を咲かせる白木蓮を見かけます。

さっそく白木蓮の花言葉や、見頃の時期、こぶしとの見分け方をご紹介していきますね。

白木蓮ってどんな花?

白木蓮(ハクモクレン)は、モクレン科モクレン属の植物です。
3枚のガクと6~9枚の花びらがあり、これらは全て同じような色をしています。
花は時期になると一斉に咲き、上品な香りがします。

一株にたくさん咲くので、見頃には花の綺麗さに圧巻されますが、咲いている期間が3日ほどと、とても短いことが特徴です。

見た目通り、とても繊細なんですね。

白木蓮の花言葉

白木蓮の花言葉は、

・自然への愛
・持続性

です。
素敵な花言葉ですね。ぜひ、家族や恋人へ贈ってみて下さい。

 

白木蓮の咲く時期

3月下旬~4月下旬の時期が白木蓮のシーズンです。

しかし、花が咲いている期間は開花期間は短く、見ごろは3日間ほどしかありません。

あっという間に終わっていることもあるので、植物園などに行かれる方は、細かくチェックしてみましょう!

よく似た花、こぶしとの見分け方は?

ところで、白木蓮によく似た花に、「こぶし」があります。
こぶしも、白木蓮と同じモクレン科モクレン属の植物になります。
では、見分け方をご紹介していきましょう。

 

↓こちらが白木蓮です。

hakumokuren

↓こちらがこぶしです。
kobusi2

 

花の咲く時期:白木蓮は3月下旬~4月下旬ですが、こぶしは、若干遅くなります。といっても数日ほどしか違わないので、時期だけで判断するのは難しいかもしれません。

花の大きさ:白木蓮の方が大きく、花びらに厚みがあります。対してこぶしは、やや小さく、花びら自体の幅や厚みも小ぶりです。 また、こぶしは花びらがしっかりと開いています。

花の咲き方:白木蓮は、花が上向きに咲きますが、こぶしは、色々な方向を向いて咲いています。

葉っぱ:白木蓮は、花が咲いている間、花の付け根に葉っぱがありません。しかしこぶしは、花の下に一枚だけ葉っぱがついています。

 

パッと見るだけではわかりにくいですが、花びら、咲き方、葉っぱをポイントによく観察してみて下さい。

きっと違いがわかるはずです!

最後に

白木蓮についてご紹介しました。

真っ白な花の群れは、見ると心が洗われますよね。

見頃の時期は本当に短いですので、ぜひ事前にチェックしてシャッターチャンスを狙いましょう。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク