ほこり掃除のお助けグッズをご紹介!ほこりに悩まないお掃除法とは?

  • 2015年8月26日
  • 掃除
  • 1View

毎日掃除をしても出てくる出てくるホコリ

掃除のしにくい場所なんかだと、気づけばびっしりほこりが溜まっていることもありますよね。

ほこりは放っておくとダニやアレルギーの原因になってしまいます。

毎日掃除しても積もり続けるほこり・・・でも大丈夫!

面倒なほこりを楽々取ってくれる、ほこり掃除のお助けグッズをご紹介します。

ほこりに悩まないお掃除法と一緒にチェックしていきましょう。

ほこり掃除のお助けグッズ3点

1390406576vq9vc

ほこり掃除には皆さん何を使っていますか? 雑巾やはたき、市販のハンディモップが一般的かと思います。

でもそれだけだと、ちょっとした隙間や奥の方のほこりまで取れないことがありますよね。

取り切れないほこりがあるとせっかく掃除をしてもすぐにほこりが付きやすくなってしまいます。

そこで、ほこり掃除に役立つグッズを3点ご紹介します!

歯ブラシ

使い古しの歯ブラシはお掃除の万能アイテムです。もちろんホコリ取りにも最適で、窓や引き戸のサッシ部分や電化製品の細かい溝部分など、細い隙間のほこり取りに大活躍です。

ストッキング

これも使い古したストッキングを使用。穴が空いたり伝線してしまったストッキングがあれば、ほこり掃除に回しちゃいましょう。 適当な大きさにカットしたストッキングを、手に手袋のようにはめて家具やテーブルの上をなぞるだけ。 ストッキングの静電気でほこりが付着しやすくなります。

隙間掃除用の掃除機ノズル

ほこりはやっぱり掃除機で吸い取るのが確実ですね。 この専用ノズルを使えば、冷蔵庫や洗濯機の下、家具の隙間など通常届かない部分まで届くので、奥に溜まったほこりもばっちり吸い取ってくれます。

ほこりに悩まないお掃除法

file8311244090680

普段のお掃除の仕方を少し工夫するだけで、ほこりをつきにくくすることができます。

ほこりに悩まないお掃除法のポイントは以下のとおりです。

  • 掃除をする時は、窓を開けて換気する
  • 上から下に向かって掃除する
  • 布団やクッションなど布ものの取り扱いは慎重に

掃除の際は換気をした状態で掃除しましょう。掃除中、空気の部屋中に舞うほこりをそのまま溜めないために、新しい空気と交換することが大切です。

掃除の手順は、高い位置にあるものから順に行い、最後に床掃除を行います。こうすることで、下へ下へ落ちていくほこりを逃さずキャッチできます。

そして、ほこりの原因のひとつである布団やクッションなど布の繊維。これらを部屋中で扱う際は、ほこりを出さないように静かに動かすことも大切です。はたく際はベランダや庭で行いましょう。

 

以上の3点に気を付けるだけで、部屋のほこり発生率が驚くほど減ってきます。

まとめ

ほこりのもうひとつの原因は、外から侵入する土や砂です。

窓や網戸の掃除も定期的に行い、帰宅したら上着を玄関先ではたいてから室内に入るようにすることもポイントになります。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク