服の黄ばみの落とし方!原因とおすすめ洗剤をご紹介します

  • 2015年9月10日
  • 掃除
  • 7View

 気が付くと、お気に入りの服に黄ばみが・・・がーん! なんてことがたまにあります。

白いTシャツやワイシャツなどは特に黄ばみが目立って気になりますよね。

普通に洗濯しただけでは落ちないこの黄ばみ汚れ。

そんな頑固な黄ばみの落とし方をチェックしていきましょう。

そもそもの原因や、おすすめ洗剤をご紹介していきます。

服の黄ばみの落とし方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

服に黄ばみが付いてしまったときの落とし方を見ていきます。

洗濯用洗剤で何度洗濯しても落ちない・手洗いでゴシゴシしてみたけど効果がないという場合は以下の方法でお試しください。

準備するもの

  • 酸素系漂白剤(粉末ハイターがおすすめ)
  • 洗濯用洗剤
  • 少し熱めのお湯(40~50℃)

手順

  1. 酸素系漂白剤よ洗濯用洗剤をお湯の中に入れて、この中に黄ばみのある衣類を入れて浸け置きします
  2. 1~2時間したら、洗濯機にこのお湯ごと入れて通常通り洗濯します
  3. 風通しのいい場所でしっかり乾かして完成です

この時注意していただきたいのは、酸素系漂白剤は使えない素材や色落ちがありますので、衣類の表示を確かめてから行って下さい。

この方法であれば、頑固な黄ばみ汚れもしっかり落とすことが出来ます。

服が黄ばむ原因とは?

sozai_36952

服の黄ばみの原因は人間の皮脂です。

服に付着した皮脂が、空気に触れることによって化学反応を起こして変色を起こしてしまうのです。

バナナやリンゴなども、空気中に触れると変色しますが、それと同じことが起きているんですね。

そのまま放っておくと、黄ばみだけではなく黒ずんでしまったり、生地が傷んで破れやすくなってしまいます。

そうなると修復不可能になってしまうので、黄ばみに気づいた段階で早めに対処しておきましょう。

また、季節ものでしばらくタンスにしまってあった衣類もこのように色がつき、ダメージを受けやすくなります。

定期的にチェックしてお手入れすることが長持ちさせる秘訣です。

黄ばみを取るおすすめ洗剤

1427825795chmyz

ハイターで漬け置きするとよく落ちますが、色落ちが心配な場合は使えません。

そこで、黄ばみのあるところに部分的に塗って落とすおすすめ洗剤をご紹介します。

その名も「クリーニング屋さんのワキ汗黄ばみ取り洗剤」。

 

これなら部分的に付けるだけなので、お湯を準備したりといった面倒な手間もかからないのがいいですね。

洗剤を付けて、30分ほど放置してから洗濯するときれいに黄ばみがなくなります。

まとめ

夏服だけでなく、冬服も意外と黄ばみがつくことがあります。

汗をかいていないからとそのまま保管せず、きれいに洗濯して汚れを落としてから保管することが大切ですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク