女性浴衣の着方!きれいに見えるポイントと帯の結び方を伝授!

 夏祭りや温泉旅館で楽しみたい浴衣

いつもと違う雰囲気を味わうことができ、可愛い柄を楽しむことができるので、浴衣を着るとテンションが上がりますよね!

そんな浴衣が自分で着れるようになるといいと思いませんか?

自分で着れて、きれいに着こなせると嬉しいですね。

今日は、女性浴衣の着方をご紹介します。

きれいに見えるポイントと帯の結び方も見ていきましょう。

女性浴衣の基本の着方と手順

まずは、女性浴衣の着方を紹介された動画をご覧ください。

【手順】

  1. 肌着を着ます。
  2. タオルをおなか部分に当てて紐で結びます。
  3. 浴衣を羽織ります。
  4. 浴衣の襟を開けて、位置を定めます。
  5. 上前と下前の位置を調節しながら重ねます。
  6. 腰紐をしっかりと結びます。
  7. 紐を結んだ位置より上側の生地を整えます。
  8. 襟を整えたら、胸の下で紐を結びます。
  9. 最後に帯の下の生地がゴワゴワの状態ですので、ここをきれいに整えます。
  10. 帯を巻きます。

以上で完成です。 帯の結び方はあとでご紹介しますね。

いきなり最初から上手に着ることは難しいかもしれませんので、もし家に浴衣がある方は、何度か練習してみることをおすすめします。

慣れてくると、時間もかからずパパッとできるようになりますよ。

きれいに見えるポイントと帯の結び方

浴衣をきれいに着こなすポイントは、

  • お腹にタオルを巻きつける
  • 襟の後ろを開ける

です。 タオル補正をすることで、見栄えが良くなり、着くずれも防いでくれます。

また、襟の後ろを少し開けることで女性っぽく綺麗な印象になります。

そして最後に帯の結び方をご紹介します。こちらの動画でわかりやすく説明されています。

身体に巻くときに、しっかりと締めながら巻くことが大切です。

こうしないと、時間が経つにつれて緩んでしまいますので、ちょっときついくらいに締めましょう。

また、帯を結ぶときは仁王立ちでしっかりと立つことも大切です。

リバーシブルの帯だと、折り方で裏の色も見えるようにすると可愛いですね。

最後に

浴衣は、少しの微調整できれいに着こなすことができます。

逆に、少しでも間違えるとかっこ悪く見えるので、落ち着いてゆっくり着ていきましょう。

この基本さえ身につければ、誰の手も借りずに一人で着ることができてとっても便利ですよ。

また、レトロで可愛い浴衣5選をご紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さい。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク