骨盤底筋を鍛える方法!その効果やメリットをお伝えします

みなさん、骨盤底筋を鍛えていますか?

骨盤底筋は、特に女性にとってとても大事な筋肉です。

ここが緩んだままだと、後々困ったことが起こると言われています。

今日は、そんな骨盤底筋を鍛える方法をお伝えしたいと思います!

骨盤底筋を鍛えることの効果やメリットなど一緒に確認していきましょう。

骨盤底筋とは?

292042F7-D321-4EEE-AFA2-AB9852F3B7F3

骨盤底筋とは、文字通り骨盤の底にある筋肉のことで、お腹周りにある子宮や膀胱、直腸といった大切な臓器を支える役割をしています。

お腹の表面にある筋肉ではないので、一般的な腹筋トレーニングをしたからといって鍛えられるものではありません。

この筋肉は特に、妊娠や出産をすることでダメージを受けやすくなります。

それ以外にも加齢や急激な体重増加によっても骨盤底筋の機能が下がりやすくなると言われています。

骨盤底筋がダメージを受けると、尿漏れや頻尿、ぽっこりお腹の他にも、子宮や直腸などの臓器が外に出てしまう原因にもなります。

骨盤底筋を鍛える方法

A8C01813-0AF5-44A1-B2F1-42A61F83F5A4

弱った骨盤底筋は、トレーニングすることで鍛えることができます。

座ったままで骨盤底筋体操

椅子に腰掛けた状態でできる骨盤底筋体操をご紹介します。

  1. 椅子に座り、足裏は床につけて背筋を伸ばします。
  2. まずは鼻から大きく息を吸います。
  3. 息をゆっくり吐きながら、肛門を引き締めます。 肛門を上に上げるようなイメージをするとわかりやすいです。
  4. ゆっくり5〜10秒ほどかけて息を吐き切ります。
  5. 息を吸うと同時に引き締めていた肛門を緩めます。
  6. 4と5を10回繰り返します。

一日に何回やっても構いません。

デスクワーク中や食後、通勤電車の中など気が向いたらやるようにすることをおすすめします。

ヨガで骨盤底筋を鍛える

ヨガのポーズで骨盤底筋を鍛えることもできます。

こちらの動画で詳しく紹介されていますのでチェックしてみてください。

骨盤底筋を鍛える効果やメリット

骨盤底筋を鍛えると以下のような効果やメリットがあります。

尿漏れ、頻尿の改善

骨盤底筋が衰えることでわかりやすく変わるのが排尿トラブル。

ちょっとしたことで尿漏れしたり、我慢が出来ない、すぐにトイレに行きたくなるような場合は骨盤底筋を鍛える事で改善するかもしれません。

便秘の改善

骨盤底筋は排便コントロールの役目もあります。

これが弱まると排便コントロールが上手くいかず、便秘の原因に。

骨盤底筋を強化すると、このような便秘の原因を取り除くことができます。

スタイルが良くなる

骨盤底筋が衰えることで、内臓がうまく支えられなくなり下がってしまい、ぽっこりお腹の原因になります。

だから年齢を重ねるにつれて、体重が増えたわけでもないのに下腹が出てくることがあるんですね。

また、お尻もダラっと下がる原因にもなります。

骨盤底筋を鍛えれば、ぽっこりお腹やお尻の下がりも解消されてスタイルを維持することができます。

まとめ

私も出産時のいきみによってしばらく尿漏れに悩まされました…。

産院では産後に骨盤底筋トレーニングを教えていただいていたので必死にやった覚えがあります。

みなさんも骨盤底筋の衰えを甘く見ず、しっかり取り組みましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク