口内炎の治し方!長引く痛みを即効で和らげる方法とは?

噛んでしまったり、風邪や疲労で体調不良が続くとできてしまう口内炎

一度できると中々治らず、辛い思いをしている人も多いのではないでしょうか?

口内炎による長引く口の痛みで、食事の時も苦痛ですよね。

そんな痛くて辛い口内炎を即効で和らげる方法があるのか調べてみました。

口内炎の痛みにイライラ、うんざりしている人は参考にしてみて下さい。

痛みを即効で取る口内炎の治し方(うがい)

14011332194m9o3

まずは、うがいで口内炎の痛みを取る方法をご紹介します。 水だけでなく、あるものを入れるとより効果的です。

塩水でうがいをする

塩には殺菌効果があります。

口内炎の原因は雑菌ですので、殺菌効果のある塩は口内炎対策にぴったり。

口の中を塩水で洗浄してあげると、雑菌が減り、口内炎の治りが早くなると言われています。

最初は口内炎に塩がしみて痛いかもしれませんので、無理のない範囲で行いましょう。

塩はどんな塩でも構いません。どのご家庭にもある塩で簡単に対策をしましょう。

重曹でうがいをする

重曹を水に溶かしてうがいをすると口内炎に効果があります。

重曹を使うことによって、口の中の状態を弱アルカリ性にして、雑菌増殖を防ぐことが出来ます。

この重曹うがいは虫歯予防にもなりますので、普段の歯磨き後のうがいに取り入れてみるのもいいですね。

痛みを即効で取る口内炎の治し方(薬)

薬を使うと、より効果的でより早く治すことができます。

フラワーエッセンスを使う

花のエネルギーを転写した成分を使って身体の不調を治すフラワーエッセンス

こちらのバッチフラワーレメディは、クリーム状の塗り薬になっていて、これを患部へ直接塗れば、あっという間に口内炎が治ると口コミでも人気です。

これは実際に私も利用する方法で、口内炎ができたときにすぐ塗るようにすると、いつもは一週間かかる痛みも、3日くらいで治るようになります。

こちらのレメディは口内炎だけでなく、指のケガや、頭痛、肩こり、極度に緊張したときなど、様々な場面で使えるので一つ常備しておくと安心です。

貼り薬を使う

口内炎の治療には、市販の治療薬もたくさんあります。

その中でも貼り薬を使えば、できてしまった傷口を刺激から守り、長引かせることを防いでくれます。

これならごはんを食べたり飲み物を飲むときに口内炎にしみて痛くなることがなくて安心です。

最後に

出来てしまった口内炎は、悪化する前に早めの対応をすることで痛みが長引かずに済みます。

口内炎ができたら放置せず、なんらかの対処をしておきましょう。

また、中々治らないようであれば専門医に相談することも大切です。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク