ミサンガやアンクレットのつけ方!どちらの足首につけるかで意味が変わる!?

ファッションやお守りとして根強い人気のミサンガ

手首につける以外にも、足首に付ける人も意外と多いですね。

足首に付けるアクセサリーとして、ミサンガの他にアンクレットを付けている人は結構見かけます。

そんなミサンガやアンクレットのつけ方を見ていきましょう。

つける場所によって意味が変わってくるみたいですので、チェックしておくと安心です。

ミサンガの作り方はこちら!

ミサンガの色別の意味はこちら!

ミサンガやアンクレットのつけ方

ミサンガは一度つけたら外すことはしません。自然に切れるまで常につけた状態にしておきます。

このため、ほどけにくくしておく必要があります。以下の動画を参照して、しっかりと足首に結ぶことが大切です。

この結び方をしておけば、一度しっかり締めると緩みにくくほどけにくいです。

ミサンガやアンクレットのつけ方ですが、位置はくるぶしより少しだけ下にくるようにします。

長さはあまり短すぎるときつくなって動きが悪くなったりむくみの原因になります。

反対に長すぎると下へ下がりすぎて外れる可能性がありますので、自然なたるみができるくらいにしましょう。

長時間つけるものですから、ストレスのかからない状態にすることが大切になってきます。

チャームやビーズ、石が付いている場合は、足首の外側にくるようにつけます。 このようにつけることによって、動くたびにアンクレットが綺麗に動いて一層引き立ちます。

左右の足首の意味の違い

1427419513veevd

 ミサンガやアンクレットは、左右どちらの足に付けるかによって意味合いが変わってきます。

元々足首に輪っかをするのは、その人を自分の所有物の印とするもので、奴隷という意味があるそうです。

このことから現在では、主に左足に付ける場合は、「夫や彼がいます」という意味となっています。

逆に右足に付ける場合、「恋人募集中」「浮気相手募集中」の意味になるとか。

フリーの人はいいですが、結婚していたり恋人がいる人は注意が必要ですね。

またミサンガは、

  • 利き足→友情、勝負
  • 反対の足→金運

といった意味合いがあります。 ミサンガをつける際にはどんな願い事をするか決めてから、左右どちらかに着けましょう。

両方つけたい気持ちになりますが、ミサンガは少ない方が願いが叶いやすく、見た目もかっこいいです。

最近は女性だけではなく男性もアンクレットを身に着ける人が多くなりました。

恋人がいる方は、恋人同士でおそろいのアンクレットやミサンガを身に着けるのもいいですね。

まとめ

左右どちらにつけるかによって全然意味合いが違ってくるミサンガやアンクレット。

ファッションとしてつけるならそんなに気にする必要はなさそうですが、周りの人にどう思われるかということも考えると、どちらにつけるか考えた方が良さそうですね。

さりげない足元のアクセサリーは、とてもおしゃれに見えるのでおすすめです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク