ミサンガの編み方をご紹介!おしゃれで簡単な作り方3通り

紐が切れたら願い事が叶うと言われているミサンガ。

カラフルな糸を使って編むミサンガは、手軽に作れてオシャレのワンポイントにもなる人気アイテムですね。

特に、手首や足首を出す機会の多い春から夏、秋にかけてはカラフルでおしゃれなミサンガがよく映えます。

今回は、そんなミサンガの編み方をご紹介します。

たくさんの編み方の中でも、おしゃれで簡単な作り方を3つに絞っていきますので、ぜひご覧ください!

ミサンガの編み方をご紹介!おしゃれで簡単な作り方3通り

file0002129248771

1.輪結びミサンガ

3色の糸で作る簡単ミサンガのご紹介です。

細めですがしっかりしててシンプルなので、大人っぽくつけることができます。

ミサンガを作るときは、必ず一番上をテープやクリップで固定して行いましょう。

これで編みに集中して作ることが出来ます。

2.ハートのミサンガ

 4本ずつ広げた赤と白の糸を編んでいきます。

可愛いハート形がちょっとずつ浮き出てくると面白くなってきます。

作のも楽しいですし、好きな人や恋人へのプレゼントにもおすすめです!

3.V字模様のミサンガ

こちらも4本ずつ2色の糸で作るミサンガです。

編んでいるうちに、「あれ?どの糸編んでたっけ?」とならないよう、落ち着いて編みましょう。

糸を重ねず、しっかり離しておくことがポイントです。

慣れるまではわかりにくいかもしれませんが、同じことの繰り返しですので、すぐに慣れますよ。

色んな素材でアレンジミサンガを作ろう♪

1423073973sre2r

ミサンガは、基本的には刺繍糸を使って作っていきますが、他の素材を使って編むことでアレンジの幅が広がり、益々オシャレに!

糸は、刺繍糸の他、ヘンプやレザー、毛糸や布の切れ端など糸状になればなんでもOKです。

カラーバリエーションも豊富ですので、同じ柄で色違いを作のもありですね。

また、ビーズやお気に入りのチャームなどを編み込むこともできます。

個性的であなただけのオリジナルミサンガを作ってみましょう。

まとめ

 願掛けの思いが込められるミサンガは、作る側も貰う側も特別な思い入れとなるちょっと特別なアクセサリーですね。

一度つけると、切れるまで外さない場合が多いと思いますので、おしゃれで長くつけられるものを作りましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク