梨の種類は何種類?美味しい時期を大調査!

秋になると出回る梨。 甘くてみずみずしく、そしてあのシャキシャキとした食感がたまらないですよね。

私は毎年必ず一度は買って食べています。

そんな大好物の梨ですが、よくよく見るといくつか種類があるようですね。

種類によって大きさや味もかなり違いがあります。

梨の種類は何種類あるのでしょうか?

それぞれの美味しい時期と一緒にチェックしていきましょう!

梨の種類は何種類?

1382064782w8p9l

梨はた~くさんの種類があります。

まず大きくわけると、

  • 和梨
  • 中国梨
  • 洋ナシ

の3種類に分けられます。元々梨の原産国は中国なんだそうです。

和梨は日本で作られる梨で、最も多く出回っています。まん丸の形が特徴です。

和梨は20種類ほどあり、それらは赤梨青梨に分けられます。

その名のとおり見た目の色で分別され、豊水、南水、あたごなしなどは赤梨に、二十世紀、幸水、サンセーキといったものは青梨に分けられます。

中国梨はヤーリー、ツーリーといった品種が代表的で、洋ナシといえばラ・フランスが最も有名です。

和梨の形はまん丸のリンゴ型が多く、中国梨や洋ナシはひょうたん型が特徴的です。

また、和梨、中国梨は歯ざわりがよくシャリッとした食感ですが、洋ナシはしっとり柔らかく香りも濃厚です。

美味しい時期はいつ?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梨は秋に多く出回るイメージですが実際はどうなんでしょうか?

梨は主に7月ごろから10月に多く出回り、遅いものは12月ごろまで食べられるものもあります。

代表的な梨の美味しく食べられる旬な時期を見ていきましょう。

  • 新水・・・7月下旬~8月中旬
  • 幸水・・・8月上旬~8月下旬
  • 豊水・・・8月下旬~9月中旬
  • 二十世紀・・・9月上旬~10月上旬
  • 愛宕(あたご)・・・11月中旬~12月中旬

二十世紀梨は、鳥取県では少し早目の8月ごろから、長野県では遅めの9月ごろからと旬の時期が違ってきます。

全体的にはやはり8月~9月ごろが美味しくてたくさんの種類の梨が出回っているようです。

梨狩りに行く際にもこの時期を狙うとみずみずしくて新鮮な梨を楽しめそうですね。

まとめ

梨は梨でもこんなにたくさん種類があるとは知りませんでした。

私は昔から二十世紀梨を食べることが多く、それ以外の種類はあまり食べたことがないかもしれません。

地域やタイミングによって出回る種類が違ってくるようなので、今年の梨は要チェック!してみようと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク