寝癖の直し方!ショートでもドライヤーなしで戻す方法とは?

朝起きたら派手な寝癖が…。

しかもこんな時に限って寝坊して時間がない!

なんてこと、ありますよね。

寝癖を直すのって結構大変で、どうやっても直らなくてそのまま学校や職場に…なんて日もあったりします。

寝癖の直し方を基礎から学んで、日々に生かしませんか?

また、ショートヘアでもドライヤーなしで戻す方法をみていきましょう!

ぜひチェックしてみてください。

なぜ寝癖がつくの?原因は?

3675A109-0575-4A60-939C-BD634950C108

寝癖がつく原因は、髪の毛の水分だそうです。

髪の毛が濡れて水分が含まれている状態の時は、自由自在に柔らかくなっているのですが、乾くと硬くなります。

まるでパスタのようなイメージでしょうか。

乾燥パスタはカチカチですが、茹でるとフニャフニャになります。

髪を洗ったあとよく乾かさずに寝ると、枕に押し当てられた濡れた髪が、そのままの形で自然乾燥されて朝になる…すると、ピョコンと見事な寝癖が出来上がるのです!

寝る前にちゃんとドライヤーで乾かしたのに!という場合でも、しっかり完全に乾き切っていない可能性があります。

また、寝ている間に人はたくさん汗をかきますので、その汗によって水分が含まれ寝癖の元になることも考えられるのです。

寝癖の直し方

D7B83091-2032-4892-B09E-72F7CB0CFE39

寝癖がつくのが水分が関係しているのなら、直すのも水分がポイントです。

寝癖でハネた部分を水で濡らして、ドライヤーで乾かす事が基本。

でもこれをやっても寝癖が直らないことがありますよね。

びくともしないはね具合…。

寝癖を直すときは、髪の毛の根本からたっぷりの水で濡らしましょう。

折れ曲がった部分をしっかり濡らして、櫛で真っ直ぐにならしながらドライヤーで乾かすことが大事です。

こうすれば、ひどい寝癖もきちんと直るはず。

ショートでもドライヤーなしで寝癖を直す方法

ショートって特にピンピンハネやすく、毎朝大変ですよね。

そんな場合でもドライヤーなしで短時間で寝癖を直す方法をご紹介します。

蒸しタオルで直す

蒸しタオルを頭の上に乗せて寝癖を直す方法です。

用意するものはタオルとラップ

タオルを水で濡らし、ラップで包んでレンジでチンすると蒸しタオルが出来上がります。

出来立てはタオルが熱々になっていますのでやけどに注意しましょう!

それを寝癖が付いたところに乗せて10分ほど置けば、寝癖が治っているはず。

帽子で直す方法

ドライヤーを使う時間もなければ蒸しタオルを作っている時間も余裕もない!という場合は、帽子を使いましょう。

寝癖の部分をしっかりと水で濡らし、タオルで軽く拭き取ったら、上から帽子を被るだけ!

被っている間に朝食や出かける準備をして時間を置くと、いつの間にか寝癖がおさまります。

このとき帽子は、なるべく自分の頭にきれいにフィットするものにしましょう。

きつかったりベルトなどが付いているものはその型がついてしまうことがあります。

また大きすぎるとあまり意味がありません。

ニット帽などがオススメです!

まとめ

寝る前にしっかりとドライヤーで乾かしておくと寝癖が付きにくくなります。

それでもどうしても寝癖がついてしまうときは、ポイントをおさえて落ち着いて実践してみてください。必ず直ります!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク