パスタの茹で方!一人前の基本と小さい鍋で茹でるコツ

簡単で美味しいパスタは、一人暮らしの方や忙しい主婦にピッタリの料理ですね。

一から作るのも簡単にできていいのですが、どうしても忙しくて時間のない時は、パスタの麺だけ茹でてあとはレトルトのパスタソースをかけて完成♪なんてことも。

レトルトも案外おいしくてイケますよね。

パスタはソースも重要ですが、茹で方も結構重要です。

ちょっと間違えると、全然美味しくないという経験、ありませんか?

そこで今回は、正しいパスタの茹で方をご紹介します。

一人前の基本的な茹で方や、小さい鍋で茹でるコツなどをまとめてみましたので、一緒に見ていきましょう。

パスタの茹で方・一人前の基本

1352934968xg985

一人前のパスタの茹で方をご紹介します。

まず分量ですが、

  • パスタ100g
  • 水2ℓ
  • 塩20g

です。

パスタの量は、お腹いっぱい食べたい方は120~150gくらいあってもいいかもしれません。

水はたっぷりがいいので、多い分にはいくらあっても構いません。

大きい鍋にたっぷり入れて茹でましょう。 少ないとお湯の中でパスタがくっついて固まってしまいます。

塩は、水の量によって変えて下さい。 基本は水1ℓに対して10gです。

塩は入れなくてもいいという意見もありますが、やはり入れた方が塩味が付いてまろやかに仕上がると思います。

では、作り方にいきましょう。

  1. 鍋に水を入れて沸騰させます。
  2. 沸騰したら塩を入れます。
  3. パスタを投入。深い鍋の場合は問題ありませんが、深さが足りないとパスタがはみ出ると思います。 その時は箸でたまにかき混ぜると、全体が早くお湯に浸かります。 火が強いようでしたら調整しましょう。
  4. 鍋の中でパスタをほぐしながら茹でます。ゆで時間は、表記されている時間より1分くらい短くすると、ソースと絡めるころに丁度いい歯ごたえになります。
  5. パスタをザルにあげ、水分を切ります。ソースの種類によっては、茹で汁を使うと美味しくなりますので、少し残しましょう。

ゆで時間はあくまで目安ですので、固さを確かめながら調整して下さい。

ザルにあげる際にはやけどに十分注意しましょう。

小さい鍋で茹でるコツ

file1181249311553

パスタは基本的に、大きい鍋にたっぷりのお湯で茹でるものです。

しかし、一人暮らしなので大きい鍋がない・大きい鍋を準備するのが面倒・・・ということもありますよね。

そんな時、小さい鍋でも美味しく茹でるコツをご紹介します。

  • パスタを半分に折る ・・・半分に折ることで麺の長さが短くなり、小さい鍋でも均一に茹でることができます。 ただし、折ることでソースが絡みにくかったりフォークで食べづらいことがあるかもしれません。
  • パスタを水に漬ける ・・・パスタを茹でる前に1~2時間水に漬けておきます。 すると、麺が柔らかくなって小さい鍋でも全体が入り茹でることが出来ます。 また、こうすることで生パスタのようにモチモチ触感に変身します!
  • 茹でる時のパスタ投入を工夫する ・・・パスタを投入するとき、パスタをすぐに離さず、お湯に浸かった部分が柔らかくなるまで手で持っておきます。 このとき、お湯の中でパスタをグルグルかき混ぜながら底へ押し付けるようにし、徐々に全体をお湯の中に入れます。 こうすれば、半分に折らなくても鍋に全体が入って茹でることが出来ます。

これらの方法であれば、小さい鍋でもパスタを茹でることが出来ます。

ただし、あまり小さすぎては吹きこぼれの心配もあり美味しく仕上がりません。

パスタの量と比較しながら鍋の大きさを調整しましょう。

まとめ

美味しいパスタを茹でるコツは、たっぷりの水、適度な塩、絶妙な茹で時間です。

大きい鍋がない場合、フライパンで茹でるのもおすすめです。

コツをつかんで家でも美味しいパスタをいただきましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク