レモンジーナ発売日から2日で販売休止!?でも普通に売っていたので買ってみた

発売日からたったの2日で販売休止すると発表されたレモンジーナ

発売当初から「土味がする」「草味がする」と話題になっていましたが、あまりの人気に商品が品薄なんだそうです。

レモンジーナとは?

レモンジーナは、サントリー食品インターナショナル(株)から、「オランジーナ」ブランドの新しいラインナップとして、3月31日(火)に発売された炭酸飲料です。
「オランジーナ」といえば、あのリチャード・ギアが「男はつらいよ」の寅さんに扮した、ゴクミとのCMが印象的ですね。

もともとオランジーナはフランスの人気炭酸飲料ですが、日本に売られているのは、サントリーが日本仕様に製造したものです。

そして今回、新たなフレーバー展開としてこの「レモンジーナ」を、オランジーナ社と共同開発し発売しました。
レモン以外にもグレープフルーツやオレンジもブレンドされているとのことです。

レモンジーナ販売日から2日で販売休止

file4661347375998

が、しかし、3月31日に発売された「レモンジーナ」が4月1日には販売を休止すると発表されました。

サントリー食品インターナショナルは1日、果汁入り炭酸飲料「レモンジーナ」の販売を一時休止すると発表した。3月31日に発売したが、予想を超える販売量で、安定供給ができないため、生産体制が整うまで、出荷を休止する。

同社によると、今年12月末までの販売計画を100万ケースとしていたが、1日までに出荷が125万ケースと、2日間で、年間目標を超える異常事態となった。このため、420ミリリットル入りペットボトルと1.2リットル入りペットボトルともに休止した。自社の国内3工場と協力会社で生産する計画だが、生産体制を早急に確保したいとしている。

yahooニュースより引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150401-00000570-san-bus_all

たったの2日間で年間目標を超えるなんて・・・相当売れたんですね。

でも普通に陳列されていたので買ってみた

lemongina

が、しかし、スーパーに行ってみると入口に大量に陳列されているレモンジーナを発見!
店員さんがせっせと積んでいるところでした。
「あの、これ、販売休止になったんじゃないんですが?」
と聞いてみると、
「そうなんですか?いやあ、私ちょっとわからないんで・・・」
と、反応イマイチ。

そんな情報は知らなかったようです。

安かったので、とりあえず一本買ってみることに。

味は土味?

早速、帰って飲んでみました。
このレモンジーナ、「土味がする」と話題になっていたので、
どきどきわくわくしながら。

普通のレモン味でした。

あ、でも半分ぐらい飲み続けてみると、そう言われてみれば、土っぽい風味が鼻を抜けていきます。

すっきりさっぱり味で普通においしいです。

爽やかなあと味なので、これから暖かくなると益々おいしいと思います。

引っかかった自分

今回の販売休止騒動、品薄商法なのでは?と言われています。

「オランジーナ」に関しては、2012年発売当初計画は200万ケースで、実際はそれを大きく上回る900万ケースの販売だったそうです。
そう考えると、レモンジーナの販売計画が100万ケースというのは少ないですね。
わざと?それともミス?

品薄商法だとすれば、まんまと引っかかりました!

最後に

飲めば飲むほどあと味が土になってきました。

でも、そんな土味のレモンジーナも癖になるおいしさです!

リピートしようと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク