七夕の短冊を手作りしよう!折り紙で作る短冊とその由来は?

7月7日、七夕と言えば笹の葉に飾る短冊ですね。

みんなのお願い事を書いた色とりどりの短冊は、七夕の風景には欠かせないものです。

今回は、そんな七夕の短冊を手作りする方法をご紹介します。

かわいい七夕飾りを折り紙で作る方法はこちら!

折り紙で作る可愛いオリジナル短冊で今年の七夕も楽しく過ごしましょう。

七夕に飾る短冊の由来とは?

file5641267795308

七夕の日にはたくさんの願い事を書いた短冊が笹の葉に飾られますよね。

七夕は元々奈良時代に中国から渡ってきた行事です。当時は短冊を飾る習慣はありませんでしたが、今のようにお願いごとを書いた短冊を吊るすようになったのは江戸時代に入ってからです。

元々七夕は、着物を織る人の上達を願う行事だったことから、短冊に手芸や習字の上達を願った内容を書き、笹の葉に吊るしていたと言われています。

またなぜ笹に飾るのかということですが、笹は昔から邪気を祓う役目を担っていました。

天に向かって真っすぐ高く伸び、「笹の葉さ~らさら~♪」と歌われるように、サラサラと音を出して揺れる笹の葉は、精霊や神様が宿る特別で神聖な植物だと考えられてきたのです。

そうした神聖で、天にまで上るほど伸びる笹の竹に短冊を預けて、願い事をお星さまに届けてもらおうということから、短冊を笹の葉に飾るようになったと言われています。

確かに笹竹の成長はとっても早くて空高く伸びますね。笹に願い事を託したくなる気持ちがわかる気がします。

七夕の短冊を手作りで作ろう!折り紙で作るカラフル短冊

七夕の短冊を手作りで楽しく作りましょう。折り紙での基本的な作り方から応用編までご紹介します。

折り紙で短冊作り!基本編

まずは基本の作り方から。

(準備するもの)

折り紙、ハサミ、穴あけパンチ、ひも

(作り方)

  1. 折り紙を3つに均等に折ります。
  2. 折り目にハサミを入れて切ります。
  3. 縦向きにし、上部に穴を空けます。
  4. ひもは20㎝くらいの長さにし、穴を空けたところへ通し、ほどけないようにしっかり結びます。

たくさん作ってたくさん願い事を書いてみましょう。書くときは色の付いた面に書きます。

色もできるだけ色んな色を使うと飾った時にカラフルでかわいいですよ。

折り紙で短冊作り!応用編1(星の飾り付)

短冊の上に星を付けると、より七夕っぽくなっておしゃれで可愛いですね。

きれいに星を切り取る方法はこちらの動画を参考にしてみて下さい。

出来上がった星は短冊の上部に糊付けして飾ります。一味違った短冊を楽しむことが出来ます。

折り紙で短冊作り!応用編2(ポケモンジラーチ)

こちらの動画で作り方をご確認ください。

幻のポケモンの一種、ジラーチの短冊です! ジラーチはロシア語で「希望」というそうで、七夕のお願い事にぴったりです。ジラーチがいち早くお願いを届けてくれそうですね。

中々細かい折り方ですが、動画を確認しながらゆっくり進めてみて下さい。 顔をペンで書くときが重要です!下書きしてから書くと失敗がありません。

まとめ

七夕の短冊の由来や作り方をご紹介しました。 短冊の一番重要ポイントは、どんな願い事を書くかです。

今欲しいもの、やりたいことをじっくり考える作業はワクワクして楽しいですよね。

今年はどんなお願い事を書こうか悩みますが、よ~く考えてお星さまにお願い事をしましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク