頭皮の日焼けで皮むけ対処法!赤い、痛い場合はどうすればいい?

夏は海水浴にプール、キャンプやバーベキューなど断然外でのレジャーが楽しい時期です!

夏の日差しは強いので日焼け対策は万全にしておく必要がありますね。

日焼け対策で他の部位と比べて見落とされがちなのが、頭皮です。

この部分の対策が万全でないと、頭皮が日焼けによって皮むけが起こり、赤くなったり痛いということになります。

そうなったときの対処法と、頭皮の日焼け予防をまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

頭皮の日焼けで皮むけ!赤い・痛い場合の対処法

file4031323472004

頭皮が日焼けすると、ヒリヒリと痛くなり、鏡で見てみると赤くなったり皮がむけているということがあります。 日焼けは、日光による火傷ですのでこのようなことが起こるのですね。 放っておくと痛みやかゆみが広がり、治りが遅れてしまいますので、早めにしっかりとケアをすることが大切です。

まずはしっかり冷やすこと

冷たいシャワーを頭に当てて頭皮を冷やしましょう。シャワーができない場合は、冷たい水で絞ったタオルを頭に巻くだけでも冷却効果があります。

たっぷり保湿

熱が取れたら、頭皮の保湿を行います。日焼けによって傷んだ頭皮は乾燥していますので、そのままにしておくと治りが遅れ抜け毛やフケの元になります。 肌用の化粧水やローションで構いませんので、しっかりと保湿を行いましょう。このとき、スプレーするとまんべんなく頭皮に行き渡るのでおすすめです。

治まるまでに気を付けること

あとは治るまで様子を見るのですが、ここで気を付けたいことは、皮がむけて気になると思いますが、なるべく放置して自然に任せておきましょう。無理にはがすと皮膚を傷めることになります。 そして、しばらくの間は熱いシャワーは控え、ぬるま湯での洗髪が大事です。刺激の強いシャンプーは控え、洗髪の際はいつもより少量にします。 シャンプーの時に頭皮をゴシゴシと擦ることはNGです。優しくゆっくり洗髪してください。

頭皮の日焼け予防

file3741279065462

顔や腕などの日焼け予防は意識しやすいのですが、頭皮は見えにくく見逃されがちです。

特に夏場は短時間の日差しでも日焼けダメージを受けやすくなりますので、しっかりと予防をしておきましょう。

(外出時の予防法)

  • 帽子を着用・・・夏の外出時は帽子は必須です。夏用素材の風通しのいい帽子にすれば暑くても蒸れにくくなります。
  • 日傘をさす・・・日傘であれば、頭皮だけでなく顔や腕なども日差しをカットできます。慣れるまでは忘れやすいのですがしっかり習慣化しておくことをおすすめします。
  • 日焼け止めを塗る・・・頭皮への日焼け止めは、スプレータイプを使用しましょう。これであれば帽子や日傘を忘れても心配ありませんね。また、仕事中であったり、男性は帽子や日傘が難しいことがありますので、こういった時にもおすすめです。

これらのアイテムを全て忘れてしまった!という時は、タオルや衣類を頭にかぶせておくだけでも応急処置になり、日焼けが軽くて済みます。

まとめ

一度頭皮が日焼けしてダメージを受けると回復するまでに時間がかかってしまいます。

頭皮のダメージは髪の毛の傷みの原因にもなりますので、日頃の日焼け予防をしっかり行っておきましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク