鶏胸肉を柔らかくする方法とは?簡単、短時間でできる裏技をご紹介!

鶏胸肉は鳥もも肉と比べて安く売っているので、我が家でもよく登場します。

でも安いだけあって鳥もも肉と比べて固くてパサパサしがちなんですよね。

安いからと諦めてそのまま調理していましたが、なんとそんな鶏胸肉を柔らかくする方法があるんですね!

一体どんな方法なんでしょうか?

簡単に、そして短時間でできる裏技を調査してまいりましたので、ぜひチェックしてみてください。

鶏胸肉はなんでかたいの?

AC76C27D-8998-4FFE-AABF-36588335C8F5

そもそもなぜ鶏もも肉と比べて鶏胸肉はあんなにかたくてパサパサなんでしょうか。

それは、脂肪量と水分量が関係しているようなんです。

鶏胸肉は、鶏もも肉と比べて脂肪量が少なく、水分量が多いのが特徴。

脂肪が少ないと、加熱したときにギュッと固まる性質があります。

また水分が多いと、熱を通す事で水分が出ていきパサパサしてしまう原因になるのです。

このように、鶏胸肉は鶏もも肉と比べて固くてパサつく要素が揃っているんですね。

でも大丈夫!

そんな鶏胸肉も工夫次第で柔らかくジューシーに仕上げることができるんです。

鶏胸肉を柔らかくする方法

 鶏胸肉を重曹を使って簡単に柔らかくする方法をご紹介します。

《用意するもの》

  • 鶏胸肉 2枚
  • 重曹 小さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 水 400cc
  • ジップロックなど袋

《手順》

  1. 鶏胸肉は切らずにそのまま、ジップロックやビニール袋などに入れます。
  2. そして、重曹、塩、水すべてをその袋に入れてお肉全体に馴染むように少し揉み込みます。
  3. 袋はしっかりと空気を抜いて封をして、冷蔵庫で1、2日ほど漬け込んで完成。

あとは、鶏肉を取り出してお好きな料理に使うのみです。

長時間重曹に漬け込むことで、しっとり柔らかくなるんです♪

鶏胸肉を短時間で柔らかくする方法

今すぐ使いたい時、漬け込む時間がない時はどうすればいいのでしょうか?

使うものはお酒とビニール袋

お肉とお酒適量を普通のビニール袋に入れて揉み揉みます。

そして10分程放置しておけば完成。

夏場や暖かい時期は必ず冷蔵庫に入れて待ちましょう。

このようにすれば、柔らかくてジューシーな鶏胸肉に大変身します。

長時間待つ必要がなくたった10分でできるのが嬉しいですね!

まとめ

柔らかくなった鶏胸肉は、唐揚げや照り焼き、グリルなど色んな料理に美味しく使えます。

ぜひ試してみてくださいね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク