輪ゴムを耳にかけると小顔効果があるって本当?!正しいやり方とは?

顔のむくみが気になる、、

でも顔を小さくするのって中々難しいんですよね。

小顔になるためにはエステに通ったりしないと難しそうです。

そんな中、輪ゴムを耳にかけることで小顔効果になるという噂が!

これは本当なんでしょうか?

正しいやり方など早速調査してみました!

輪ゴムを耳にかけると小顔効果があるのは本当?

A0215097-1309-4623-B4B2-211F1FF75AD7

ただ輪ゴムを耳にかけるだけで小顔になれるなんて、にわかには信じがたい話ですよね。

しかしこれはどうやら本当の話のようです。

しかも小顔効果だけにとどまらず、冷え性や頭痛の緩和にも繋がるのだとか!

耳周辺は顎ラインに目や肩、頭とも近く、ストレスや使いすぎで筋肉が緊張しやすくなります。

そうすることで顔のむくみや疲れ目、肩こりや頭痛が起こりやすくなります。

ですからこの緊張を緩めてあげることで、顔のむくみが取れやすく、小顔効果が期待できるというわけです。

緊張を緩めるのに登場するのが輪ゴム。

輪ゴムを耳にかけることで、耳がほどよく引っ張られて刺激され、筋肉が緩むというしくみです。

耳の筋肉の緊張が緩むことで、全身の筋肉の緊張も緩み、血行が良くなって頭痛や冷え性の改善も期待できるようです!

輪ゴムを耳にかける正しいやり方は?

BD197608-9D02-42CA-A1A2-BE0D767267FD

 

ここからは正しいやり方を説明していきます。

  1. 輪ゴムを2個用意する
  2. 両方の耳の根本部分に輪ゴムを1個ずつかける
  3. 10分ほどそのままにしておく
  4. 時間が経ったら輪ゴムを外して終わり

輪ゴムのサイズは大きすぎても効果がありませんし、小さすぎると刺激が強くなり逆効果になります。

耳に引っ掛けて、少しだけ耳が引っ張られるくらいのサイズがベストです。

いいサイズの輪ゴムがなければ、ヘアゴムでもできます。

カットされていない長いタイプのものであれば、好みのサイズにカットして使えます。

1回10分ですが、これを一日に3回ほど行えるとますます効果的です。

とても簡単で、付けたまま作業ができるので続けやすいと思います。

家事や身支度の合間にぜひ行ってみてください。

まとめ

私はしばらく耳に輪ゴムをつけていると、ポカポカ温かくなってきました。

これも筋肉の緊張が緩んできた証拠なのでしょうか?

終わった後は確かにいつもよりむくみがなくなり小顔になった気がします。

これならお金もかからず簡単なので続けられそうです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク