焼き芋をオーブンで作る方法!時間とアルミホイルが美味しさの秘訣!

焼き芋は素朴なおやつとして昔から食べられる王道おやつですね。

美味しいさつまいもが出回ると、ホクホクのあま~い焼き芋が食べたくなります。

焼き芋といえば、昔母親が大きい土鍋に石を入れて焼いてくれていたことを覚えています。

でも我が家には大きな土鍋も石もありません。。

もっと手軽に焼き芋をしたいですよね。

そこでとっても簡単にできる、焼き芋をオーブンで作る方法を調べてみました。

時間とアルミホイルが美味しさの秘訣のようです。 早速見ていきましょう!

焼き芋をオーブンで作る方法!焼く時間はどれくらい?

file000160625126

焼き芋を美味しく簡単に焼くには、オーブンがおすすめです。

そこでポイントなのが、焼く時間と温度。これを守ればホクホクでしっとり甘い焼き芋が出来上がります。

オーブンで焼く場合の時間と温度

時間・・・90~120分(余熱なし)

温度・・・160℃

焼き時間が終わったらすぐに取り出さず、20~30分そのまま放置しましょう。 こうすることでさつまいもの中の方まで熱が通り、しっとり柔らかく仕上がります。甘さもアップするのでおすすめ!

ちなみにオーブントースターを使う場合は、15分焼いた後15分程そのまま放置し、再度15分焼くとホクホク甘い焼き芋が出来上がります。

さつまいもの大きさによって出来上がりが違ってきますので、串を指して焼き上がりを調整してみて下さい。

アルミホイルが美味しさの秘訣です

file1611329146050

焼き芋を自宅で美味しく作るには、アルミホイルが欠かせません。 なぜかというと、アルミホイルで包むことによって、じっくり低温でさつまいもの中心まで熱を通すことができるからです。

アルミホイルで包まなければ表面だけ焼けて焦げてしまったり、パサパサとした触感になりやすくなります。

また、アルミホイルで包む前に濡らした新聞紙やキッチンペーパーを包むことによって、よりしっとりとした焼き芋が出来上がります。

それでは焼き芋をオーブンで焼く方法をまとめておきます。

  1. さつまいもをしっかり水洗いし、汚れを落とす
  2. 濡らした新聞紙またはキッチンペーパーをさつまいも全体に巻く
  3. さらにその上からアルミホイルを巻く
  4. オーブンの温度を160℃に設定し、90~120分焼く
  5. 焼き上がったら、30分そのまま放置
  6. 串で刺し、すっと通れば完成!

まとめ

焼き芋は難しそうなイメージでしたが、意外ととっても簡単で驚きです!

焼き芋は安心安全なおやつですし、ヘルシーなのでお子さんのおやつだけでなく、ダイエット中のおやつにも最適ですね♪

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク