夢を忘れるのはなぜなの?覚えておく方法をチェック

  • 2015年4月18日
  • 雑学
  • 21View

 

朝目が覚めた瞬間、「なんかすごい夢を見てたな。」

と思うことがよくあります。

でも断片的にしか思い出せず、しばらくすると全く思い出せなくなり諦める。

毎朝こんなことの繰り返しです。

私たちが、寝ている間に見る夢をあっという間に忘れるのはなぜなんでしょうか?

そして、忘れてしまう夢を覚えておく方法はあるのでしょうか?

なぜ夢を忘れるの?

1373944639yvt4d
夢は必ず皆見ているものです。

しかし、夢の内容を聞いてみると大体の人が「夢は見ていない」「覚えていない」と答えます。

これは実際に夢を見ていないのではなく、忘れているからです。

これは脳のシステム上、夢を長期に渡って記憶しておくという機能がないために起こります。

 

それはなぜなんでしょうか?

 

夢というのはそもそも、「眠っている間の脳の情報整理」の役割を担っていると言われています。

眠っている間に夢を見ることで、必要な情報と要らない情報とに分け、要らない情報は排除されます。

こうすることでストレスを解消することができます

 

ストレスが溜まった時でも、寝るとスッキリするのはこのためなんですね。

このように、情報整理の役割を持つ夢は、起きている間に記憶しておく必要がありません。

ですので、朝になると夢はすっかり忘れられるということです。

夢を覚えておく方法

file0001721418248

いつも朝目が覚めたら、夢の一部分だけ覚えていて、「気になる夢だったけど、なんだったかな・・・」

と、すぐに忘れてしまいます。

そうするうちに諦めて完全に忘れ去られます。

 

私たちは一晩寝ている間に、映画1本分のストーリー性ある夢を見ているそうです。

忘れかけた夢を思い出すことはスッキリしますし、脳の活性化にも良さそうですよね。

 

夢を覚えておくためには、夢日記をつけることが有効的です。

枕元にノートとペンを置いておき、朝目が覚めたら、覚えている夢の内容をすぐに書く習慣をつけてみて下さい。

目覚めてすぐは意識が朦朧としますが、はっきりと目が覚める前に書くことがポイントです。

 

後で見返してみると、すっかり忘れていた夢の内容を書いていることもあります。

また、スマホや携帯電話の操作に慣れている人は、起きてすぐこれらに記録する方法もおすすめですよ。

最後に

私は比較的夢をよく見る方で、自分の知らない地名や病名などが出てくることがたまにあります。

これを記録しておいて、あとで調べてみると、実際にそんな名前の地名や病名があったりするのでびっくり!夢の凄さを実感しています。

(ただし、それが何かにつながるということはまだありませんが・・)

夢日記を続けていると、読み返した時に色々と面白そうですよね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク