雑巾の縫い方を確認しよう!ミシンや手縫いで簡単に作れる方法

昔々、小学生の頃に雑巾の縫い方を教わったことがあります。

が、それ以来雑巾を縫うことはなくなり。

幼稚園や小学校で雑巾が必要になったけど、雑巾の縫い方ってどうだったっけ?

と、すっかり縫い方を忘れてしまいました。

今回は、雑巾の縫い方を確認しようと思います!

ミシンや手縫いで簡単に作れる方法を調査してみました。

雑巾が必要になった方、ぜひ参考にしてみてください。

雑巾の縫い方!ミシンを使った方法

雑巾はミシンを使うと早く縫うことができます。

1枚縫うのに10分程度の時間で済むので忙しい方にもおすすめ。

用意するもの

  • フェイスタオル(縦長のタオル)
  • ミシン
  • ハサミ

作り方

  1. フェイスタオルを半分に折って、折り目をハサミで切ります。フェイスタオル一枚で、2枚の雑巾を作ることができます。
  2. カットしていない反対側は、三つ折りになっていて生地が厚くなっていると思います。これがあるとミシンの針が通りにくくなって縫いにくいので、こちらもハサミで切り落とします。
  3. 半分に折って、両端がカットしてある面をまっすぐ縫います。
  4. 輪っかになっているはずです。生地を裏返します。
  5. 四方と、中をバッテンに縫います。

1C4010D0-D0A8-47BA-881C-3B3C98F3CDF4

フェイスタオルはなるべくなら生地が薄い方が縫いやすいです。

以下の動画でもミシンでの雑巾の作り方を紹介されていますので、参考にしてください。

雑巾の縫い方!手縫いで簡単に作る方法

ミシンがない場合や、ミシンを出すのが面倒な時は、手縫いでも雑巾を作ることができます。

用意するもの

  • フェイスタオル(縦長のもの)
  • はさみ

作り方

基本的には上のミシンでの縫い方と同じです。

手縫いで縫う時の縫い代は1cmくらいの間隔で縫います。

手縫いだと手軽に作ることはできますが、一針一針手動なのでミシンと比べて時間がかかります。

少しでも時短でより簡単に作りたい場合は、上の作り方の、以下の項目を省略してみましょう。

②三つ折り部分のカットを省略

この部分をカットせず、すぐ内側の生地が薄くなったところを縫えば、カットする手間が省けます。

③切り口を縫って裏返す作業を省略

切り口を一度縫って裏返せば、切り口のほつれが気にならなくなり見た目も綺麗です。

でもこれを省略しても機能上は問題ありませんので、この項目を省いて、すぐに四方とバッテンに縫えば簡単になります。

④バッテンに縫う作業を省略

バッテンに縫うところを、図のように縫うことで縫う手間が少し減ります。

3F834BF0-D511-43CF-9413-25F247C474FB

まとめ

今は100均などでも出来上がった雑巾が売ってありますから、作る必要がないかもしれませんね。

でも自分で作ると愛着も湧きますし、家にある不要になったタオルを使い回すことができるので、自分で作れるととても便利だと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク