ペットボトルや瓶を乾かす方法!冷蔵庫を使って早急に乾燥は可能?

  • 2015年6月29日
  • 2015年6月27日
  • 掃除
  • 769View

ペットボトルや使い終わった空き瓶を洗った後、内側が中々乾かず困ってしまうことがありませんか?

 これらをすぐに再利用したい場合、中が乾いていない状態だと不衛生で躊躇してしまいますよね。

でも空ペットボトルや空き瓶は何かと便利なので、ササッと乾かして再利用したいものです。

ペットボトルや瓶を乾かす方法を一緒に確認していきましょう。早急に乾かすにはどうすればいいのでしょうか?

冷蔵庫を使って乾燥は可能なのでしょうか?

ペットボトルや瓶を乾かす方法!早急に乾かすには?

139158894740w0k

 入口が狭くなっているこれらの容器は、内側が空気に触れにくいのでどうしても乾くまでに時間がかかってしまいますね。

なるべく早く乾かすにはどのような方法があるのでしょうか?

いくつか見ていきましょう。

風通しのいい場所で口を上に向けて斜めに立てかける

ペットボトルや瓶を少しでも早く乾かすなら、置き場所は重要です。

洗い終わったらしっかり振って水気を切り、風通しが良い場所で容器に風を通すようにしましょう。

天気のいい日は天日干しにするのもおすすめです。

様子を見ながら、定期的に水気を切るように何回か容器を振るとさらに乾燥が早くなります。

また、置く時は口を上にして少し斜めにしておくと空気が入りやすくなります。

乾燥パスタを入れる

洗った後、しっかりと容器を振って水気をある程度取ったら、この中に乾燥パスタを数本入れてみて下さい。

こうすると、パスタが湿気を吸い取って容器の乾燥に役立ちます。

マカロニで代用もできます。乾燥が終わったら取り出して茹でて食べてしまいましょう。

ドライヤーを当てる

一刻も早く乾かしてすぐに使いたい!という場合はドライヤーをおすすめします。

ドライヤーの温風を容器の口に向けて当て、中の空洞に風を当ててみて下さい。

こうすることで水分が熱と風で蒸発して乾きが早くなります。

この時、あまり近づけて当てると、容器の素材によっては溶けたり傷む危険があるので、近づけすぎないように注意して下さい。

冷蔵庫に入れて短時間で乾燥させる

13943013970spxj

冷蔵庫の中は、湿気が外の空気よりも低く乾燥した状態です。この中に洗った後の容器を、蓋を開けたまま入れておくと乾きが早くなります。

冷蔵庫に入れる時に役立つアイテムをご紹介します。

洗った後のペットボトルをこの水切りに引っかけて、このまま冷蔵庫へ置いておけば、冷蔵庫の中で倒れる心配がなくしっかりと乾かすことが出来ます。

蓋を置くこともできるので、バラバラすることなくまとめて乾燥が可能です。

冷蔵庫の中にこのセットを置くスペースを確保しておきましょう。

まとめ

ペットボトルは飲み物を入れて持ち運んで水筒代わりにすることができます。

瓶は蓋があれば調味料入れにもなりますし、何かと代用できてとても便利です。

ササッと乾かしてドンドン活用していきたいですね。

いくつかの方法を併用すると、さらに乾きが早くなりますので、ぜひ試してみて下さい。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク